下山井絵里子 のそうさくかつどう日記

ビタミンの一種である葉酸は意識して妊娠初期に摂

読了までの目安時間:約 8分

 

ビタミンの一種である葉酸は意識して妊娠初期に摂取することで胎児の細胞分裂を促すといった発育発達によい作用があるのは一般に知られています。ブロッコリー、アスパラ、ほうれん草、枝豆などの食材に、葉酸が多く含有されていますが、サプリメントを活用すると上手に摂れますので妊娠を望んだときから、妊娠中までの女性に毎日摂り続けてほしいものです。

栄養素の中でも、妊婦には葉酸が必要だということがほとんど常識になっています。母体内の赤ちゃんの発育を促すためだけではなく、お母さんが健康に過ごし、無事出産できるようにするためにも欠かすことのできない栄養素なのです。一番必要なのはいつなのかと聞かれるとなかなかわからないものです。

妊娠直後が、葉酸を最も必要とする時期です。出産後、授乳している間も葉酸はたくさん必要なので、授乳が終わるまで多めに摂り続けて欲しいのです。

葉酸は、胎児が母体内で順調に発育するために積極的に摂って、必要量を確保しなければならないということが定着してきましたが、元々の性質が、熱に弱く、水に溶けやすいので食事から所要量を確保するのは毎日続けられるものではありません。調理の際に失われる葉酸を最小限にする工夫を勉強することも必要でしょうし、サプリなどを併用して効率よく摂ることも一度は検討するべきです。ビタミンB群の一つである葉酸は、空腹時に最も吸収されやすいため、葉酸を最も効率よく摂取できるのは食間が一番良いとされています。できれば、所要量を一度に摂るのではなく何時間かおいて、分けて摂る方が身体のためには良いのです。
一番効果的な摂取のタイミングを挙げれば、寝ている間の肝臓の血流量は最も少ないので、就寝前の摂取が最もおすすめの時間帯です。本や雑誌、ネット上などいろいろなところで聞くようになりましたが、妊娠中にとどまらず、授乳が終わるまで葉酸は大事な栄養素なのです。生後間もない赤ちゃんは、言うまでもなく全身で細胞分裂が盛んに行われて、急激な発達を遂げます。

そこで葉酸が使われることは言うまでもありません。
一方、産後の母体が回復し、順調に授乳するためにも葉酸が不可欠で、母子どちらからも求められる栄養素なので、子供を授かりたいと望んだときから、母乳を与えるのが終わるまで葉酸が不足しないよう、くれぐれも気をつけてください。妊娠中に欠かせない葉酸は、葉物野菜の他、ゴーヤーにも比較的多く含まれているのです。
葉酸を摂ることを目的としてゴーヤーを積極的に食べるのは良いことですが、たくさん食べれば良いというものでもありません。
ゴーヤーばかりを食べ過ぎると、胃もたれや下痢と言った身体の不調が起きることもあります。
妊娠して様々な変化が起こっている身体に、不調が起きると結果的には胎児にも良くないのです。最近、葉酸が身体に良いと言われるようになり、大量に摂取するとより効き目があると何となく思ってしまう方もいてもおかしくありませんが、葉酸を一度に多量に摂ると様々な副作用を起こします。多くは発熱、じんましん、かゆみなどですが、最悪の場合、呼吸障害を起こし、命に関わる重症例もあります。
成人の場合、1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限なので、サプリメントの大量摂取には要注意です。妊活中、妊娠中の女性ならばビタミンの一種である葉酸が特に必要です。葉酸は地味な栄養素ですが、胎児の発育や細胞分裂を順調に進める役割をします。

葉酸を摂るには野菜を食べることで、葉物はもちろん、ブロッコリーや芽キャベツ、枝豆などにたくさん含まれますが、サプリメントで摂取しても問題はないので野菜をたくさん食べられない方やどうしても野菜が好きになれない方には上手に利用して欲しいですね。ビタミンとしての葉酸は、食事から摂取するだけでなく、錠剤やサプリメントを活用して毎日所要量が摂れるようにした方が良いのです。

そして、妊産婦や授乳中の女性などで通常の倍近い葉酸の摂取を要求されている中でも葉酸の摂取量が、食物だけでは不十分なときや、かなり悪性の貧血を改善するために時々用いられる手段として、筋肉注射で補給することもあります。水溶性ビタミンとして、葉酸は調理中も水に溶け出してしまいます。

また、他のビタミンB群と同様、熱に弱いのでうまく調理していかないと摂れる量は半分以下になってしまうこともあります。

とはいえ、加熱しない野菜などをたくさん食べ続けるのはとても現実的ではありません。

そう考えていくと、調理する上でさっと湯通しする程度で終わらせるなど、ちょっと工夫していくのが効率よく葉酸を摂りたいと思うなら、ぜひ実行して欲しいことです。

妊娠がわかってから、妻は葉酸のサプリを飲むようになりました。当初は妻だけの問題だと思っていたのですが、そんなに必要なものなら飲んでみたいと妻に言うと、「妊婦のためのサプリだから、男性は飲まなくても良いんじゃないの」と却下されました。それでも、試しに飲んだらどうなるかと思ってこっそりサプリメントを飲み始めました。

何が大きく変わったと言うこともありませんが、強いて言えば飲んだ翌日もお酒が残ることがなくなり、口内炎に悩まされることが少なくなった気がします。神経管閉鎖障害など、胎児が神経系の障害を起こす危険を下げるためには妊娠中は葉酸を多めに摂取する必要があります。
女性は妊娠中、葉酸を積極的に摂ることを最近になって厚生労働省でもすすめるようになりました。葉酸の性質から考えても普通の食材を普通に調理しているならば胎児の発育に必要な量の葉酸を確保するのは、相当難しいでしょう。

足りない分はサプリなどを飲んで所要量を満たせるだけの葉酸を毎日欠かさず摂ってくださいね。
レバーやほうれん草なら、葉酸が多く含まれると知られていますが、継続して摂るとすれば無理があって、所要量を満たすのは結構難しいことです。葉酸の所要量を満たしていくためには、食事から摂れる葉酸だけで所要量を満たそうと考えず、サプリ、栄養補助食品で補っていく方が賢明です。

食生活や他に飲んでいる薬など、様々な要因を考え合わせた上で、自分なりのやり方で葉酸の所要量を満たすことを目指してください。

他のビタミンB群と同じく、葉酸もすぐ水に溶け出してしまいます。たくさん摂取しようと、一度に摂っても体内に十分吸収される前に尿として排出される結果になってしまうのです。従って、葉酸をサプリなどで摂るときも、時間をおいて分けて飲んだ方が効果があるということに気をつけてください。葉酸は、必要量を毎日摂ることが食事だけでは難しいので、たくさん摂取するだけでなく、少しでも排出されないようにして、十分に体内で消費されるようにしなければなりません。

果物というよりも、野菜のような使われ方をしているアボカドは実にクリーミーですが、ビタミンB群の一つ、葉酸が豊富な食材です。

人の身体にとって、葉酸は大事な役割を果たすものです。

良質の赤血球を増やし貧血を防ぐ、そして妊娠初期には胎児に必要な栄養が行き届くようにするなど、いつでも誰でも摂らなければならないビタミンなのです。xn--zcktar3b4c2de6430e7jxb.com

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: